TOPへ

ビジネスモデル特許の事例
(C)1999.12 弁理士 古谷栄男
'99夏〜'99年末にかけて行った講演の配付資料に、最新情報を加えて、加筆訂正したものです。


(18)eCal社のウエブによるスケジュール管理サービスの特許(特許出願1998年、話題1999年)

権利者など
 米国特許   5960406
 権利者    eCal, Corp(米国)

特許の概要 異なる地域での時差の調整を行う手段を持ったWWWベースのカレンダー・スケジュール管理システムに関する特許である。

話題の概要
ウエブベースのカレンダー・スケージュールサービスの利用者が、現在1000万おり、2002年には5800万人までに増えるという見込みがあることから(米IDC調査)話題となった。
eCal社は、本件発明につき、日本を含む多くの国を指定国としてPCT国際出願を行っている。翻訳文の提出期限(30月期限)は、2000年7月22日である。日本へは、まだ翻訳文は提出されていない模様である。

クレーム
1. A computer system for scheduling events between a plurality of end users comprising:
a client interface for allowing an initial end user to communicate a desired scheduled event through the system to either other end users or other potential end users of the system;
a transport medium interface for allowing the system to transport the desired scheduled event between the other end users or other potential end users of the system;
a computer subsystem in communication with the client interface and transport medium for generating a calendar for the initial end user that is adapted to contain the desired scheduled event for the initial end user and which may be modified by either other end users of the system or the initial end user; and
means for adjusting for different time zones between the end users of the system.

関連文献・サイト
USニュースフラッシュ(日経BP)「米eCal,「WWWベースのスケジュール管理システム」の米国特許を取得」 '99.10.07

eCal社のサイト 

 


------------------------------------------------------------------------
この資料は、下記の著作権表示さえしていただければ、
複製して配布していただいて結構です(商業的用途を除く)。
(c)1999 Hideo FURITANI / furutani@furutani.co.jp

------------------------------------------------------------------------

本文に戻る